忍者ブログ
「小さな風」木下あいりちゃんご遺族支援の会は               ご遺族HP「星になったあいり」               http://members.goo.ne.jp/home/arigatou-2006               の開設に伴い、活動を中止いたしました。                             みなさまの暖かいご支援をたくさんいただき 心より感謝いたします。ありがとうございました。 控訴審はこれからです。 引き続き「星になったあいり」で、ぜひとも ご遺族のご支援いただけますよう、 お願い申し上げます。                                                 電子署名は↓のアドレスからお願いいたします。 http://www.arigato.net/airi/      
カテゴリー
* 未選択(0) * あいりちゃんのためにできること(35) * 何か間違ってない? みんなで声を出そうよ(1) * 子育てと愛情(3) * アメリカでの現状(2) * 事件に関する掲載記事(8) * 性犯罪を考える(1)
活動内容
(木下あいりちゃんご遺族を支援する会:ご遺族了承済)                                                                2005年11月の寒空、学校の帰り道、木下あいりちゃん(7)はペルー国籍ホセマヌエル・トレス・ヤギ被告(34)の手によって暴行を受け殺害されました。死体はダンボール箱に詰められて路上に捨てられていました。                 世界に一人しかいなかった木下あいりちゃんのために、私達にできることは何もないのでしょうか?      
ブログ「小さな風」では広島高等検察庁に支援ハガキを送る運動を行っています。はがきの表に 〒730-0012 広島市中区上八丁堀2-15 広島高等検察庁内 木下あいりちゃん殺害事件担当検事様 と書き、裏面には 「控訴審での検察の求刑内容を支持します」など支援の気持ちを伝えてください。 (あくまでもハガキで。 海外からでもできます)その際、ご自分の氏名・住所をお忘れなく。検察にはすでにハガキが届き始めています。10枚、10枚より1000枚・・・多ければ多いほど効果が増します。                      7月に出された第一審の判決では「無期懲役」「仮釈放については慎重な運用を希望する」という特別の要望のついた判決でしたが、求刑通りの判決ではありませんでした。終身刑のない今の日本では無期懲役は被告が十数年後には社会復帰してくることを意味します。再犯性の高い性犯罪。みなさんはこんな社会に不安を抱きませんか?                      ご遺族は再発防止になることを信じてあいりちゃんの実名を公開されました。広島に引越してこられてまだ日が浅い木下さんご遺族。きっと心細い毎日を送られていることでしょう。だからこそ心を痛めている私たちの支えが必要なのです。私達は関心を持って見守っていますという声をぜひ届けましょう!↓のアドレスより電子署名も可能になりました。 http://www.arigato.net/airi/

*リンクバナー*
chiisanakaze
リンクフリーです
 * カウンター *
* 最新コメント *
(02/12)
* ブログ内検索 *
* カレンダー *
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
* 最新トラックバック *
(08/12)
* プロフィール *
HN:
yasuko
性別:
非公開
[44] [43] [37] [35] [34] [32] [31] [30] [29] [26] [25]
2017/10/21 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/07/28 (Fri)
アメリカで性犯罪を犯した者に対して、厳しい新法が適用になりました。

______________

産経新聞より(ネット版)
米、性犯罪者の情報公開で新法 GPS所在確認など

 【ワシントン=山本秀也】子供を狙った性犯罪者らを強制的に登録し、データベース化したうえで国民に公開する法律が26日、米国で発効した。登録逃れには、最高で懲役10年の罰則が科される。犯罪被害者の遺族をホワイトハウスに招いて行われた法案署名式で、ブッシュ大統領は「子供を性犯罪や暴力事件から守る連邦法が強化された」と、新法の意義を強調した。
 この法律は、1981年に起きた誘拐殺人事件の被害児童の名にちなみ、「アダム・ウォルシュ児童保護法」と命名された。

 新法では、子供を狙った性犯罪や暴力犯罪の犯人に対し、(1)DNAを含む個人情報の登録を強制し、包括的なデータベースを全米レベルで構築(2)GPS(衛星利用測地システム)を使った所在確認装置の着装-を処罰後も義務付けることが盛り込まれた。データベースは、インターネットを通じて公開される。

 データベースの有効性は犯罪者の住所更新が鍵となる。新法は転居などの場合、登録更新をおこたった対象者に重い罰則を設けることで、データベースに穴が開くことを予防している。


_______

この法律の名前となったアダム・ウォルシュ君(当時6歳)は、1981年の7月にフロリダ州にあるデパートのおもちゃ売り場で遊んでいるときに母親が目を離したすきに誘拐され、暴行を受けて殺されました。死体は頭部だけが2週間後に発見されましたが、損傷がひどかったとのことです。彼のお父さんはジョン・ウオルシュと言う俳優で、日本でも最近まで類似番組が放映されていましたが、事件後は「America's most wanted」という番組の司会者としてずっと逃亡中の犯罪者や性犯罪者を追ってきました。アダム君を殺した犯人は、別件で逮捕されていた人物が自分が犯人であると自供したものの、後に自供を翻したために逮捕できず、その人物も他件で服役中に獄中にて死亡しました。


新法により全米で1つのデータベースが作成されることとなり、今後の性犯罪者の再犯を防ぐ上でも効果を上げることになると思われます。なお紹介した記事には書かれていませんが、性犯罪者はこの新法により衛星を使った追跡端末機(GPS)を強制的に足に装着されることになります。

日本でも新しい動きを生み出すことは可能です。一人では小さな風でもたくさんの声が集まれば大きなものになる。そして風穴を開けることができるかもしれない。みなさんも声をあげませんか?せめて一枚でもいいのです。あまっているハガキがあれば、広島地方検察庁にあなたの支援の声を届けてください。
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *