忍者ブログ
「小さな風」木下あいりちゃんご遺族支援の会は               ご遺族HP「星になったあいり」               http://members.goo.ne.jp/home/arigatou-2006               の開設に伴い、活動を中止いたしました。                             みなさまの暖かいご支援をたくさんいただき 心より感謝いたします。ありがとうございました。 控訴審はこれからです。 引き続き「星になったあいり」で、ぜひとも ご遺族のご支援いただけますよう、 お願い申し上げます。                                                 電子署名は↓のアドレスからお願いいたします。 http://www.arigato.net/airi/      
カテゴリー
* 未選択(0) * あいりちゃんのためにできること(35) * 何か間違ってない? みんなで声を出そうよ(1) * 子育てと愛情(3) * アメリカでの現状(2) * 事件に関する掲載記事(8) * 性犯罪を考える(1)
活動内容
(木下あいりちゃんご遺族を支援する会:ご遺族了承済)                                                                2005年11月の寒空、学校の帰り道、木下あいりちゃん(7)はペルー国籍ホセマヌエル・トレス・ヤギ被告(34)の手によって暴行を受け殺害されました。死体はダンボール箱に詰められて路上に捨てられていました。                 世界に一人しかいなかった木下あいりちゃんのために、私達にできることは何もないのでしょうか?      
ブログ「小さな風」では広島高等検察庁に支援ハガキを送る運動を行っています。はがきの表に 〒730-0012 広島市中区上八丁堀2-15 広島高等検察庁内 木下あいりちゃん殺害事件担当検事様 と書き、裏面には 「控訴審での検察の求刑内容を支持します」など支援の気持ちを伝えてください。 (あくまでもハガキで。 海外からでもできます)その際、ご自分の氏名・住所をお忘れなく。検察にはすでにハガキが届き始めています。10枚、10枚より1000枚・・・多ければ多いほど効果が増します。                      7月に出された第一審の判決では「無期懲役」「仮釈放については慎重な運用を希望する」という特別の要望のついた判決でしたが、求刑通りの判決ではありませんでした。終身刑のない今の日本では無期懲役は被告が十数年後には社会復帰してくることを意味します。再犯性の高い性犯罪。みなさんはこんな社会に不安を抱きませんか?                      ご遺族は再発防止になることを信じてあいりちゃんの実名を公開されました。広島に引越してこられてまだ日が浅い木下さんご遺族。きっと心細い毎日を送られていることでしょう。だからこそ心を痛めている私たちの支えが必要なのです。私達は関心を持って見守っていますという声をぜひ届けましょう!↓のアドレスより電子署名も可能になりました。 http://www.arigato.net/airi/

*リンクバナー*
chiisanakaze
リンクフリーです
 * カウンター *
* 最新コメント *
(02/12)
* ブログ内検索 *
* カレンダー *
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
* 最新トラックバック *
(08/12)
* プロフィール *
HN:
yasuko
性別:
非公開
[13] [12] [11] [10] [7] [6] [4] [2] [1]
2017/10/21 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/07/14 (Fri)
木下さんからの連絡がまだ来てないままですがブログの方、開始しました。あいりちゃんの支援の他にも毎日少しずつ「ちょっとこれおかしいんじゃないの?」を書き留めていきたいと思っています。もしよろしかったらお知り合いの方にも広めていただけませんか?

私たちは見ているよ、判例ごとの判決を望んでいるよと。

声は出さなければ届かない。今まで私たちは黙って我慢しすぎてたんです。そう思いませんか?

検察の方もご覧になっているそうです。どうかみなさんも一枚いいのでハガキを出しませんか?なお、ご質問等は yachanusa@yahoo.co.jp までお寄せください。
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ご協力ありがとうございます
私もめげずにもっともっとがんばって宣伝したいと思います!コメント欄の方はホストの方にも確認してみます。
yasuko URL 2006/07/24(Mon)12:24:30 編集
メール見ました
メール拝見しました。色々な協力者に連絡をしなければならないので大変ですね。私の方も知人に電話したり手紙をだしたりしてブログ以外の関係の方にも協力を依頼しています。
 それから、このコメント欄はmailとURLの入力をしなければ届くような気がしますのでテストしてみます。
2006/07/24(Mon)09:05:08 編集
Yuさん
コメントいただきありがとうございました。辛さが伝わってきます。私も娘の無邪気に笑う姿を心の底から喜ぶことができません。悪い人がいるのよとどうやって教えればいいのか・・・。子供には無邪気に笑っていて欲しいのに。このままでは本当に類似事件はまだまだ起きます。ほらまたみたこたか、なんて言わせない、です。
yasuko URL 2006/07/23(Sun)14:17:04 編集
私も
私も性犯罪の被害者です。性虐待を養父に受けて実母は助けてくれなく・・・・こんな私でも結婚して離婚して小6女、小4男、小1女と3人の子供の母親です。自分が性被害を受けたので特に長女、次女には厳しく躾けたり叱ったり長男が加害者にならないかと心配になったり。。悩み
母子家庭で子育てをしています。特に木下あいりちゃんと年齢が近い次女を見ると、あいりチャンの受けた屈辱は親としても性被害を受けた私としても許されない限りです。命を奪われた尊さ、女としての貞操を奪われたつらさは計り知れないし
、また我が子の命を奪われたつらさ悔しさはどこにも怒りをぶつけることは親としてはつらいことだと思うし自責することもあると思います。愛国心教育を行う日本なら、愛国心で未来を背負う子供たちをきちんと守ってもらいたいと思いました。性犯罪がどれだけの惨劇を生むか、世の中で言ロリコン?子供に対する性のターゲットなども
厳しく厳重に取り締まり日本国をただしていってもらいたいと思います。今回の事件で類似犯罪が出てこないかの配慮もしてもらいたいと思いました
yu 2006/07/22(Sat)15:25:52 編集
祈っています
新聞で、無期懲役の求刑が出た後に、お父さんが会見で話されたという言葉や、『二度殺された』ということを読む迄、どんな風に殺害されたのか、よく知りませんでした。

地域性もあるのかもしれないですが、大きな事件でも、事件がおきて暫くは新聞にもよく載るけれど、いつのまにか載らなくなる

判決が出たり、。公判が行われるというときには、また載る。

そういう風潮も 「?」ですが・・

今朝の新聞に、検察側が控訴したと載っていました。

早く あいりちゃんのおとうさんや、ご家族の思いが叶うことを祈っています

『判例、判例というシステムに疑問を感じます。一件一件、内容、出来事が違うのだから、過去の判例ではなく、今、目の前の事件そのものを考えて欲しい』
という願いをとどけたいと思います

これからも、見守っていますね
S・Y 2006/07/15(Sat)09:46:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
犯罪者に対する感覚
  日本は何故犯罪者に対して寛大か  木下あいりチャンの事で、アメリカ在住のYasukoさんという方が、検察の主張どおり控訴審では死刑の判決がされるよう、ハガキによる運動を展開しました。 何の権力的背景もない一主婦が、被害者の遺族のためと、今後のこうした...
URL 2006/08/12(Sat)11:21:58
人間は何処まで強くなれるんだろう。
広島小1殺害:女児の父が心境「性的暴行で二度殺された」  広島市で昨年11月、下校途中に殺害された小学1年の木下あいりちゃん(当時7歳)の父建一さん(39)が26日、殺人、強制わいせつ致死などの罪で死刑を求刑されているペルー国籍のホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(34)に対する判決(7月4日)を前に報道各社の取材に応じ、心境を語った。「性的暴行で、あいりは二度殺された」という表現で、性的暴行が事件の本質であると強調。具体的表現を避けてきた毎日新聞はじめ各社の報道について「被害の実態が伝わらない」と語り、「...
URL 2006/07/20(Thu)09:50:24
木下あいりちゃん記事へのコメント
  木下あいりちゃんの記事へのコメント 珍しいコメントを受けました。今月5日、私の書いた「木下あいりちゃん殺人事件の判決」というブログに対して、今日18日コメントが届いたのです。このコメントの方はアメリカ在住の主婦とのことで、一つの運動を展開するとこ...
URL 2006/07/18(Tue)20:15:06
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *