忍者ブログ
「小さな風」木下あいりちゃんご遺族支援の会は               ご遺族HP「星になったあいり」               http://members.goo.ne.jp/home/arigatou-2006               の開設に伴い、活動を中止いたしました。                             みなさまの暖かいご支援をたくさんいただき 心より感謝いたします。ありがとうございました。 控訴審はこれからです。 引き続き「星になったあいり」で、ぜひとも ご遺族のご支援いただけますよう、 お願い申し上げます。                                                 電子署名は↓のアドレスからお願いいたします。 http://www.arigato.net/airi/      
カテゴリー
* 未選択(0) * あいりちゃんのためにできること(35) * 何か間違ってない? みんなで声を出そうよ(1) * 子育てと愛情(3) * アメリカでの現状(2) * 事件に関する掲載記事(8) * 性犯罪を考える(1)
活動内容
(木下あいりちゃんご遺族を支援する会:ご遺族了承済)                                                                2005年11月の寒空、学校の帰り道、木下あいりちゃん(7)はペルー国籍ホセマヌエル・トレス・ヤギ被告(34)の手によって暴行を受け殺害されました。死体はダンボール箱に詰められて路上に捨てられていました。                 世界に一人しかいなかった木下あいりちゃんのために、私達にできることは何もないのでしょうか?      
ブログ「小さな風」では広島高等検察庁に支援ハガキを送る運動を行っています。はがきの表に 〒730-0012 広島市中区上八丁堀2-15 広島高等検察庁内 木下あいりちゃん殺害事件担当検事様 と書き、裏面には 「控訴審での検察の求刑内容を支持します」など支援の気持ちを伝えてください。 (あくまでもハガキで。 海外からでもできます)その際、ご自分の氏名・住所をお忘れなく。検察にはすでにハガキが届き始めています。10枚、10枚より1000枚・・・多ければ多いほど効果が増します。                      7月に出された第一審の判決では「無期懲役」「仮釈放については慎重な運用を希望する」という特別の要望のついた判決でしたが、求刑通りの判決ではありませんでした。終身刑のない今の日本では無期懲役は被告が十数年後には社会復帰してくることを意味します。再犯性の高い性犯罪。みなさんはこんな社会に不安を抱きませんか?                      ご遺族は再発防止になることを信じてあいりちゃんの実名を公開されました。広島に引越してこられてまだ日が浅い木下さんご遺族。きっと心細い毎日を送られていることでしょう。だからこそ心を痛めている私たちの支えが必要なのです。私達は関心を持って見守っていますという声をぜひ届けましょう!↓のアドレスより電子署名も可能になりました。 http://www.arigato.net/airi/

*リンクバナー*
chiisanakaze
リンクフリーです
 * カウンター *
* 最新コメント *
(02/12)
* ブログ内検索 *
* カレンダー *
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
* 最新トラックバック *
(08/12)
* プロフィール *
HN:
yasuko
性別:
非公開
[66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56]
2017/10/21 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/11/19 (Sun)
あいりちゃんの事件から来週ではや一年を迎えます。

この支援運動を7月に始めてから4か月が経ちました。
その間にたくさんの方のご支援をいただき本当に心強く
感謝いたしております。

直接お話することができなかったご遺族からも、先日
関西に住む支援者のところに直接ご連絡をいただくことができ、
このブログを頻繁に読んでいただいていること、ご支援
いただいているみなさまに感謝されていること、
「これからはあいりのために自分も何かしないと」と思われ
行動にうつされはじめたこと、などを伝え聞いております。

アメリカに移住して10年を過ぎた私は、ここ数年日本から
届けられるニュースを見聞きするたび、「どうして
私の祖国にこんなことが起こっているの」「どうして
みんな声をあげないの」と悲しい気持ちですごして
おりました。

あいりちゃんのお父さんの木下建一さんが実名報道を
望まれたとき、言葉にできないいろいろな感情が湧き
上がってくるのを抑えることができませんでした。
「あいりちゃんのために何かしたい」「何ができるだろう」と
悶々とした日々を送っていたところに、この「検察に
支援のハガキを送ろう」というアドバイスを受けました。

何かできる。
日本に住んでいなくたって、祖国のために何かできる。
支援活動の経験がなくたって、何かできる。
手を合わせてあいりちゃんのご冥福を祈っているだけなく、
ご遺族を支援するために何かできるはずだからという気持ちのみを
原動力として、ここまで来ています。

私たちは木下さんご遺族のための支援の会であり、
それは今後も変わることがありません。
そして検察が求刑している内容を私たちは支持する。
それも変わることがありません。

学校帰りの少女が性的暴行を受け、殺される。
過去に同じ罪を母国で犯し、逃げるように移住した
先の日本で繰り返した被告。
無期懲役とはいえ、今の司法では十数年すれば刑務所から
出てこれる。また同じ犯罪を日本のどこかでまた起こすのではないか・・・
しかもそんな可能性は同被告に限ったことではないのです。
今ここで私たちがその不安を放置しておくわけにはいかない。
そのことをご遺族と一緒に訴えていく。
それが「小さな風」の趣旨です。

残念なことに世の中にはいろいろな考えを持った人が
おられます。私たちの支援内容に対して賛成していただける方
ばかりではありません。
実際にある犯罪被害者のご家族が、支援に反対する方から
危険な目に合わされたということも耳にしております。
残念なことであり、こういった行為に対し憤りも感じます。
支援をしたい、それだけで身を危険にさらすことになる
なんて、間違っている。そうも思います。

現在、このブログの記事内容を再度チェックし
整理しておりますが、それにはそういった事情があっての
ことであることをご理解いただけたらと思います。
ご支援しているみなさんにもご家族があり、私にも
守らなければならない家族があります。
事前にご注意申し上げるところでありましたが
みなさまにご迷惑をおかけしないためにも
必要な作業であり、今後注意していかなければならない
ものだと思っています。

たくさんの方にこの「小さな風」のことについて
ブログその他で書いていただき本当に感謝しております。
同時に上に書いた理由からもブログ「小さな風」に
トラックバック等でリンクされている方の
安全保全についても大変心配しております。
みなさまの安全が第一です。
どうか、その点を十分ご理解いただき、
ご留意くださいますようお願い申し上げます。

この支援活動に賛同してくださる方にご迷惑がかかるような
ことがあってはならない。あいりちゃんがお母さんの夢の
中で言ったように「困ってる人がたくさんいるんだよ」という
言葉を思い出すにつれ、これ以上、人様を困らせるようなことが
あってはならない。そんなことがあっては辛すぎる、
それが私の気持ちであり、焦る理由でもあります。
守るべきをまずは守らなければ。


一周忌を迎えるにあたり、各社マスコミからの取材を受け
ご遺族も私や一部の支援者も時間に追われ
無理をしている部分がないとはいえません。
ですが、たくさんの方にこの小さな風の支援運動のことを
知っていただき、支援の内容を理解していただきたい。
ご遺族もそれを望まれて、精力的に取材をこなされています。

以上、長々と書きましたが、どうか今まで同様みなさまの
ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

yasuko





PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *